校長挨拶

平成31年度の有明小学校が、4月8日に新一年生62名を迎えて始まりました。

 

 発展著しい有明の地域に、平成23年4月に開校して以来、本校は、保護者の皆様や地域の皆様のご理解とご協力をいただいて日々の学校教育を行ってきました。次年度に迫った「東京2020オリンピック・パラリンピック」の開催に向けて、複数の競技施設が学校のすぐ近くに建設されています。日に日に完成に近づく施設の様子を見ながら、この大きな機会にこどもたちの心に残る様々な体験をさせてあげたい、と考えています。

 

本校は、昨年度に引き続き、学校経営の理念を「一人一人を大切にする教育」とし、教育目標に掲げている

〇学び続ける人

〇心豊かで、思いやりのある人

〇明るく、健やかな人

を育てるために、全てのこどもにとって「毎日笑顔で過ごすことができる学校」であることに全力を尽くしてまいります。

 

  また、本校は、有明中学校と同じ校舎で生活する連携教育校であり、開校以来、様々な交流活動を行っています。なかでも、中学生による読み聞かせや一緒に遊ぶ等の活動は、こどもたちの豊かな心の育成に大きな成果を挙げており、共に過ごす機会を楽しみにしているこどもたちが多くいます。「有明小・中学校学び方スタンダード」により、9年間でこどもたちに表現する力や書く力等を系統的に身に付けさせる努力も積み重ねています。これらの取組を今後も充実させてまいります。

 

 そして、東京湾岸警察署や保護者、地域の皆様との連携を密にし、交通安全の取組を一層充実させていきます。二度と悲しい事故を起こさないため、全てのこどもたちに、自分の身を自分で守る危機回避能力を身に付けさせるとともに、「有明小歩行ルール」(交差点での約束、歩道は建物側を歩く、ストップさんに元気よくあいさつ)を基にした登下校指導を継続して行ってまいります。

 

  今年度も、保護者の皆様にとって「こどもを安心して託せる学校」、地域の皆様にとって「ともに歩む学校」になるよう、教職員一同「チーム有明小」として力を合わせて取り組んでまいりますので、皆様方のご理解と温かいご支援をよろしくお願いいたします。

 

有明小学校長 赤堀美子

 

 

 

更新日:2019年04月08日 12:00:00